滋賀県信楽町の緑豊かな山々に囲まれた窯元 丸十製陶のブログ
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
CONTENTS showroom10
CONTENTS showroomには今までイベントの際、作ってきたペンダントライトを吊るしています。

ボーダーにWhite&Blue。

ターコイズ、そして最新のRED。
どれもがその年のNewitemにちなんで作ったものです。

これからも開発していく釉薬やNewitemでいろんなペンダントライトを吊るせればと思います。

お越し頂ける方、お越し頂けない方にもblogfacebookを通じて、CONTENTS showroomをご紹介させていただきます。
 
CONTENTS showroom9

いつもshowroomで流すBGMは、このスピーカーから。
以前、オーディオ研究所からの依頼で作っていたもので、信楽土の特質を上手く利用して設計されたフルレンジスピーカー。
普段は、かなり音量をシボリ気味で鳴らしていますが、音質はかなりなモノ。

これは、陶板と陶箱で作ったアンプ・CD・コンバーターのユニット。

これがCONTENTS showroom自慢のShigarakiオーディオシステムです。
是非、一度お気に入りのCDを持ってお越しくださいネ。
CONTENTS showroom8
今日ご紹介するCONTENTS showroomは、いつもお越し頂いているお客様にはご覧頂いている入口の錆びたOPEN/CLOSEDのサインボード。

これは古い窯の備品を利用したモノで、煙突の根元付近で焼成時の窯内の炉圧などをコントロールするダンパーというモノ。

こんな感じで開ければ外気を取り込んで窯内の炉圧が上がり、閉めると煙突に吸い上げられ炉圧が下がるという仕組みです。
ちなみにこの窯もかなりの年数が経ち今は使っていません。

なので、このダンパーも今はクレジットカードのサインボードとして再利用しています。

窯で使われている備品や材料は、度重なる高温の熱にも耐えられる様に武骨ながらも屈強な素材が使われています。

CONTENTS showroomは、こんな素材の見方を変えていろんなカタチで再利用しています。
CONTENTS showroom7


本日、Newitem2016”七縁”がホームページより一足先に CONTENTS showroom でご覧いただけます。

掌に納まる縁起物”七縁”と新しいココロミの”七縁 てぬぐい”がshowroomをイイ感じに彩ってくれました。

これから新年を迎える時期にピッタリのアイテム”七縁”をご覧にお越しください。
CONTENTS showroom6
今日のCONTENTS showroomでご紹介するItemは、壁掛け時計。

showroomのいちばん奥の壁には、HPではご覧頂けないナチュラルなテイストの掛け時計がまだまだ揃っています。

ゆっくりと時を刻み、ずっと眺めていたくなるヤキモノの掛け時計です。

showroomには、オリジナルブランド「CONTENTS」のラインナップのほか、定番商品、サンプルitemなどオンラインショップではご購入出来ないものを多数ディスプレイしております。

お越し頂ける方、お越し頂けない方にもblogfacebookを通じて、今後もご紹介させて頂きます。
CONTENTS showroom5
今朝の信楽は、一段と冷え込みがキツイ朝となりました。
という事で、今日ご紹介する CONTENTS showroomは、これからの寒いシーズンには大活躍のItemではなく、備品をご紹介いたします。

showroom自慢の薪ストーブです。
この薪ストーブは、即売場の当時からあり、もう10年近くになります。
本格的に寒くなる頃から4月の暖かくなる頃まで、ゆらゆらと燃える薪の火でshowroomを優しく温めてくれます。

すでに薪も準備OK!で、今年の出番待ちです。


ドームやきものワールド
位置番号…C-19 丸十製陶 CONTENTS
開催期間日時…平成27年11月19日(木)〜25日(水) 10:00〜18:00

での出展となっております。
皆様、お誘い合わせの上、是非お越しください。
 
CONTENTS showroom4
今日のCONTENTS showroom でご紹介するitemは、こちらはHPではご覧頂けないロングセラーのテーブル植木鉢。

タイプは、すり鉢型と足つきの2タイプ。
どちらも素朴な風合いでグリーンを引き立てます。

手軽なミニサイズで、苗のカバーを外してそのまま移し替えるだけ。
テーブル、リビング、玄関、寝室または、お仕事のデスクなど、いろんな場所に置いて日常に小さな自然と触れ合う楽しみを。

このitemは、CONTENTS showroomのみの販売となります。
showroomには、オリジナルブランド「CONTENTS」のラインナップのほか、定番商品、サンプルitemなどオンラインショップではご購入出来ないものを多数ディスプレイしております。

お越し頂ける方、お越し頂けない方にもblog・facebookを通じて、今後もご紹介させて頂きます。


ドームやきものワールド

位置番号…C-19 丸十製陶 CONTENTS
開催期間日時…平成27年11月19日(木)〜25日(水) 10:00〜18:00

での出展となっております。
皆様、お誘い合わせの上、是非お越しください。
CONTENTS showroom3
昨日に続きCONTENTS showrom
今日はHPではご覧頂けない、これからの季節にピッタリのShowroom itemをご紹介いたします。

日に日に秋らしい季節となり食欲が増してくる今日この頃。
そんな季節に大活躍のitemがこの”3WAY土鍋”です。
この土鍋はお鍋料理は勿論のコト、中蓋を取り換えるだけでご飯釜や蒸し料理にお使い頂ける便利なお鍋。

ご飯釜用の中蓋で美味しくお米を炊き上げます。

蒸し料理用のスノコで、旬の野菜や食材を美味しく蒸し上げます。

”煮る・炊く・蒸す”を1台でこなす便利なitem、3WAY土鍋。

このitemは、CONTENTS showroomのみの販売となります。
Showroomには、オリジナルブランド「CONTENTS」のラインナップのほか、定番商品、サンプルitemなどオンラインショップではご購入出来ないものを多数ディスプレイしております、

お越しいただける方、お越し頂けない方にもblog・facebookを通じて、今後もご紹介させて頂きます。
CONTENTS showroom2
今日は前回に引き続き、CONTENTS showroom2回目は、リノベーション。

以前、土小屋だったshowroomを在庫処分の即売場と変えた先代。
杉板を張り巡らせた感じで数年を経て、そして世代も変わり5年前、オリジナルブランド CONTENTSを立ち上げる事をきっかけに今のCONTENTS showroomが出来上がりました。


”リノベーション”と言えば、すごく響きが良いですが、什器や備品も含めほとんどがプロの入っていない素人大工のリノベーション。

その中でも一番こだわったところはココ。
showroomに入って直ぐ目に入るロゴマーク。

即売場当時の壁板をそのままに壁一面に描いた丸十製陶のロゴマーク。

このロゴマークを基にオリジナルブランド”CONTENTS showroon”は、その時、その時期にリノベーションを繰り返す完成のないshowroomとなりました。
CONTENTS showroom1
度々、blogやFacebookでご紹介している丸十製陶 CONTENTS showroom。
日々、お越し頂けるお客様も増えて嬉しい限りです。

そこでイベントなどでよくお客様から「どんなお店なの?」「今度行ってみようかな」「ちょっと遠くて行けないの」etc.のお声をもとに、今日から少しずつ何度かに分け、CONTENTS showroomの世界観とラインナップをお伝えしていければと思います。

それでは1回目の今日は、CONTENTS showroomの成り立ち。

showroomは丸十製陶窯場に隣接しており、以前は土小屋として使っていました。


建物は古く、屋根には昔ながらの立派な鬼瓦が上がっており、中は旧家屋によくある梁が何本も走っております。

土小屋として使っていた頃は、うす暗く、風通しの悪い、湿った感じの土を寝かせておくにはもってこいの状態でした。それを10数年前に先代が余った在庫などを販売できるように壁や天井に板を張り付けたのが、このshowroomの始まりとなります。

これがCONTENTS showroomの成り立ちとなります。

このような感じで、少しずつ今までお伝えしきれなかった”コト・モノ”などをblog・facebookを通じてお伝えしていければと思います。